旅がえる

【関西発旅ブログ】・(ライフスタイル)

北海道① 支笏湖温泉 2月

2018年2月3日~ 3泊4日

 

 

1日目 2018.2.3

新千歳空港

まず、新千歳空港に着いてすぐ、靴のすべり止めを購入する。

ラーメン、じゃがりこの揚げたて、ルタオのケーキ を食べる。

 

支笏湖行きのバスの時間に合わせ、バスのチケット売り場に行くと、冬は減便されるため、乗る予定の便はないと言われる。次は2時間後とのこと。

 

急遽、時間をつぶしに、空港近くのアウトレットモールへ。

(空港から30分おきにシャトルバスが出ていて、片道10分)

 買いたい物があるわけでもないので、雪像を作成しているのを見学したり、ただプラプラ。

f:id:kaerubu:20191123113821j:plain

雪像作成中

 

支笏湖へ

空港に戻って、路線バスに乗り、1時間。

支笏(しこつ)湖に到着すると、宿のスタッフがバス停にお迎えに来てくれていた。

宿の車に乗り換え宿へ。

 

今回の宿は、

 


f:id:kaerubu:20191120171417j:image

部屋数が全8室しかなく、ゆったりとした時間が流れている。

スタッフ対応に好印象。エントランスのインテリアも素敵。

部屋は、入ると手前に温泉。奥にベッドとマッサージチェア。

窓からの景色は、もちろん湖と雪景色。

 

宿のスタッフに質問。

「今から、氷濤(ひょうとう)まつりに行こうと思うんですが、見て回るのに、どれくらい時間かかりますか?」

スタッフ「見る時間というより、皆さん、1時間くらいで寒さに耐えられなくなって帰ってきますね。」

 

氷濤まつりへ



f:id:kaerubu:20191123084327j:image
f:id:kaerubu:20191123084347j:image

子供達が氷の滑り台で大喜びしている。

その横を通り抜け、数階建ての氷の塔へ。

もちろん、階段も氷。

 

ただの氷の壁には、圧巻。

 

一時間経過

今日は、温かい(最高気温0度)とのことだったが、宿のスタッフの助言通り、一時間で寒さの限界が来る。

 

一度宿に戻る。

一度温まって、再度、ライトアップ見学に。


f:id:kaerubu:20191123085938j:image

メッチャきれい☆

この時の気温《−5度》

またまた、1時間で限界。

 

宿で晩御飯を食べる。

湖が見えるレストランのはずだが、真っ暗で窓の外は何も見えない。笑
f:id:kaerubu:20191123083040j:image

今度は、花火を見に、再々度、氷濤まつり入口へ。

氷濤まつりを大満喫。

会場と宿が近いって最高だ。

 

 

2日目

起床後すぐ、宿の貸切露天風呂へ。
f:id:kaerubu:20191123091415j:image

 

朝食は、窓の外に湖を見ながらいただいた。

 

支笏湖→札幌 

支笏湖宿泊者限定バスで、札幌へ。 

 

 

www.kaeru22.com