旅がえる

【関西発旅ブログ】・(ライフスタイル)

各種レーザー(シミ、美肌)まとめ

☆レーザーの種類☆

◆Qスイッチレーザー、ピコスポット等

  ➡単一の波長をあてる。ピンポイントで照射。

◆IPL(フォトフェイシャル、フォトRF、フォトブライト、ライムライト等)

  ➡UPLより弱め。複数の波長をあて、全体のシミや質感(小じわ・毛穴・ごわつき)に最適

 ・フォトRF;高周波が付いている

 ・ライムライト;黄色い肌の日本人向けに改良された物。薄いシミに対応できる。

◆UPL(フォトシルクプラス)

  ➡真皮層上層を刺激して、シミを薄くするだけでなく、コラーゲンの増強も。

   広範囲に広がる薄いシミ・そばかすに有効。肝斑には、有効と無効説あり。

   フォトフェイシャルよりもシミの原因となるメラニン粒子の分解機能に優れている。

 

★ピコレーザーについて

ピコ秒(ピコとは、国際単位系 における接頭辞の一つで、 10⁻¹²倍の量。つまり1/1000000000000秒ということ。)でレーザーを照射することにより、他のレーザーにくらべ、肌にダメージが少ない。メラニン色素を細かく破壊する。

1回の照射で効果を発揮。

 

≪ピコレーザーの種類≫

 ◆ピコトーニング

顔全体に照射する方法で、メラニン色素を少しづつ分解し・排出しシミやくすみを薄くしていく方法。複数回数でより効果が期待できる。

顔全体のシミやくすみに。肝斑OK。

弱い出力だが、これまで取り切れなかった薄いシミ、そばかすにも効果あり。

◆ピコフラクショナル

レーザー光をフラクショナル(点状)に変換するレンズを用いた低出力のレーザー治療。コラーゲンやエラスチンといった皮膚の弾性繊維を再生して、しわ、ニキビ跡・毛穴の状態の改善が可能。

シミではなく、美肌が目的。

◆ピコスポット

スポットで、シミの元となるメラニン色素を破壊する治療法。

Qスイッチレーザーではなかなか時間がかかっていた日光性色素斑、ソバカス、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)などの気になるシミに。

 

◆ピコシュア

機械の名前。

アメリカの会社が開発した機械。

 

ということで、ピコレーザーをしようと、調べたところ、こんなところを発見。

dualクリニック 心斎橋店

f:id:kaerubu:20200223120847j:image

2枚しか買えないけど、お試しにはいいかも。パックも付いてるし。

 

2020年2月22日 

クーポンを使って、ピコレーザートーニング実施。

結果は、後日。