旅がえる

【関西発旅ブログ】・(ライフスタイル)

寝ころぶだけ!湯たんぽ療法 冷え対策、肩こり対策、腰痛にも!

私の状況

・立ち仕事

・足がむくむ

・腰痛

・ほぼ常時肩こり(ひどい時には、頭痛や吐き気)

・冷え症(ただし、自覚なし。自覚なしというか、気にしていない。)

・夜、寝つきが悪かったり、夜中に何度も目が覚めたり、眠りが浅い

・旅先なんかでは、特に寝つきが悪く、眠りが浅い

・湯舟にゆっくり浸かるのが苦手

 

今年の初めに、白浜温泉に行った時の事。

 

www.kaeru22.com

温泉後、食事をして、友達とゲームをしてたら、とても体が冷え切ってしまった。

友達:「私、寝るわ」

私:「私、寒いから、中に服着て寝るわ」

友達:「温泉で温もってきたら?」

ということで、眠りに入る友達をおいて、温泉へ。

そして、入眠。

 

翌朝、超スッキリ!

この、旅行で熟睡の出来ない私が!

 

そこで、私は気が付いた。

私、自覚以上に、体が冷えているんだと。

 

その日の夜、10年前、先輩にもらった湯たんぽを取り出してきた。

湯たんぽに、給湯器の最高温度75度のお湯を入れ、

f:id:kaerubu:20191107112836p:plain

緑が湯たんぽ。

この状態で、体を温める。

初めは、肩の下に湯たんぽ。ちょっとずつずらして、腰、足の下も。

30~1時間くらいかなぁ。

翌日、肩こり、腰痛、足のむくみが楽になったきがする。

寝つきが良くなった気がする!

 

その日から、1週間継続。

気のせいではない気がする!

職場で、先輩に、伝授。

先輩も、実践してくれた。(先輩は、ポットのお湯を使用)

結果は、私と同じ。しかも、体の温まり方が凄いと絶賛!

とても感動してくれ、そこから、2人で、毎日春まで湯たんぽ療法を継続した。

 

そして、GW。10連休でオーストラリア3人旅へ。

一緒に行く友達に湯たんぽ療法を教えると、

「私、湯たんぽ持っていく!」と。

そして、3人分の湯たんぽを購入して持ってきてくれた。

 

~余談~

旅行前、「旅行 湯たんぽ」と検索してみた。

ミニ湯たんぽを持参し、飛行機内でお湯を入れてもらい、降りるときには、お湯を捨てて、身軽に。

という使い方をしている人もいた。

 

話を戻して、

オーストラリアでの湯たんぽ療法の結果。

(メディキュットも使用したが)

3人とも、湯たんぽ療法の効果に驚いていた。

疲れが残らない、肩がこらない、足のむくみも残らない。

毎朝、元気に出発できる!

そこから、友達2人も、湯たんぽ療法信者となった。

1人は、先々週から、すでに湯たんぽ療法を再開したらしい。

 

結論

マッサージの店で、

「背中が凝ると、呼吸が浅くなり、睡眠が浅くなる。」

と、教えてもらったことがある。

湯たんぽで、背中全体や足を温めたことで、背中の凝りが改善し、睡眠の質がよくなる。疲れが回復しやすくなる。

体が温まると、血液循環が良くなり、肩こりや足のむくみに効果が出る。

足のむくみが改善すると、腰痛にも効果が出る。

なんて、好循環なんだ。

 

お金もほとんどかからないし、是非、皆様にも、湯たんぽ療法を試してみてほしい。