旅がえる

【関西発旅ブログ】・(ライフスタイル)

奄美大島 

《2019月2月29日〜3月2日 2泊3日》

 

2月29日

9:20伊丹空港→11:10奄美大島空港(7760円/人)

タイムズレンタカーで車を借りる(14080円/3日)保険フルカバー

ランチは奄美きょら海工房

奄美きょら海工房 (アマミキョラウミコウボウ) - 龍郷町その他/ケーキ [食べログ]


f:id:kaerubu:20200303200444j:image


f:id:kaerubu:20200307212401j:image

スモモジュース、サーモンとあおさのピザ、海老のパスタを食す。

 

金作原

13:10 市役所前にある観光ネットワーク奄美に到着。金作原ツアーに参加(4000円/人)

13:20 集合場所を出発


f:id:kaerubu:20200303201143j:image

f:id:kaerubu:20200311191659j:plain

f:id:kaerubu:20200303201226j:image

 

16:40解散

 

イオンにて夜の晩酌用、朝ご飯を購入。

名瀬の58で、晩ご飯

料理写真 : 奄美居酒屋ごっぱち - 奄美市その他/居酒屋 [食べログ]

刺身、肉寿司、青さのだし巻き、青さの天ぷら等を食べる。
f:id:kaerubu:20200303201544j:image

刺身は、焼いても生でも食べられるように、


f:id:kaerubu:20200307212549j:image

な形で出てきた。

私、やっぱり、肉派だわ。肉寿司が一番美味しかった。

ここで18時半。

宿のチェックインが19時までなのに、名瀬から宿まで一時間かかる。

遅刻だー。

オーナーに連絡を入れておく。

優しいオーナーで、ゆっくり来てくださいとの返事。

 

宿(HUB a nice INN)

Amami Guesthouse HUB a nice INN(瀬戸内町)– 2020年 最新料金

予定通り名瀬から1時間で宿へ。

 

f:id:kaerubu:20200311191434j:plain

 

優しいオーナーTさん、お会計(18000円/3人☓2泊)の後、「明日のプランについて相談にのりますよ。僕、ガイドもやってるんで」と。そう言われても、明日の予定決まってるしなと、明日のプランを伝える。

9時から、ホエールウォッチング

13時くらいから、加計呂麻(船チャーター)

18時のフェリーで帰ってきて古仁屋で晩ごはん

⬆このプランの注意点。

日曜日は、古仁屋↔瀬相は、フェリーしか運行してないこと、2月3月は、欠航が多いこと。

 

Tさん「ホエールウォッチングは、どこの会社ですか?」

私「マリンスポーツ奄美」

Tさん「古仁屋からですか?」

私「そのはずですが」

Tさん「最近よく聞くんですが、古仁屋じゃないかも」

調べる。名瀬から出発だ!!

マリンスポーツ奄美にキャンセルできるか即電話!

「キャンセルできますが、前日なので半額のキャンセル料がかかります。」

Tさん曰く、今からでも予約出来る古仁屋発のホエールウォッチングはあるとのこと。

友達と悩んだ結果、キャンセルはしないで、名瀬まで行くことに。

そこで、またTさん大活躍。

「それなら、明日は天気が悪いし、加計呂麻は諦めて、奄美海洋展示館(500円)でウミガメの餌やりして、マテリア滝やアランガチ滝、展望台に行って帰ってきたらいかがですか?滝は雨が降ってるほうが、水量があっていい感じですし」と。

「酒造見学もいいですし、古仁屋の港のところにある瀬戸内酒販の店主さんがお酒に詳しいので、どんな感じが好きとか言えば、選んでくれますよ。」

「展望台は、高知山展望台より油井展望台の方が夕日がキレイですよ。あ、明日は夕日見れないか」

島料理が食べたい私達に、

「晩ごはんは、島料理であれば、『旬』と『リッキ』ですね。」

加計呂麻で野生のウミガメを見たかったという私に、

「ウミガメは、古仁屋の港で見れますよ。お腹が空いてるときしか来ないので、見られる確率半分ですけど。フェリー乗り場のところじゃなくて、漁協のあるところ辺りで見られます。けど、確率半分なので、奄美海洋展示館で保険をかけておいてくださいね」と。

これで、決まり!

名瀬からホエールウォッチング行って、ウミガメに餌やって、滝を見て帰ってこよう!

あとは、時間次第で。

 

3月1日

ホエールウォッチング

翌朝7時半 宿出発

8時半 マリンスポーツ奄美(名瀬)到着

奄美大島ダイビングショップ【マリンスポーツ奄美】


f:id:kaerubu:20200305223648j:image

9時 ホエールウォッチング出発(6000円/人)


f:id:kaerubu:20200305223708j:image

9時半くらいから、クジラとイルカが見れる見れる。


f:id:kaerubu:20200306075015j:image



f:id:kaerubu:20200306075037j:image
 クジラが見えだして30分位たった10時くらいから、私と友達の2人は、船酔いでダウン。

 酔わずに生きていた友達曰く、その後も、イルカ、クジラ、ずっと見られていたようだが、シュノーケリングの人優先のため、クジラが現れるとシュノーケリングの人をクジラの近くに降ろして、一度離れていくという感じだったらしい。ここのところ、お店に確認しておいた方が良かったのかも。

まぁ、30分であれだけ見られたら、元はとれたと思う!

【プチ情報】クジラは海が荒れているときの方が元気に動き回るらしい。

 

ランチ

船を降りてから、船酔いをしなかった友達に「顔色悪いよ」と言われ、名瀬でうどんを食べに行く。

奄美大島料理 かめ - 奄美市その他/郷土料理(その他) [食べログ]


f:id:kaerubu:20200306075501j:image

元気な友達は島料理らしきものを食べていた。

うどんを食べたら、元気に。

外に出たら、雨になっていた。

 

奄美海洋展示館へ

(入場料500円)

https://www.ohama.marutani-amami.com/ocean-exhibition-hall


f:id:kaerubu:20200307145534j:image

30分毎に、ウミガメの餌やりが行われている。

餌がなくても、餌やり場に人が近づけば、ウミガメがジャンジャンよってくる。


f:id:kaerubu:20200307144627j:image

14時半、餌やりの時間。

餌は、なんとキャベツ。へぇ〜。

噛まれるといけないので、キャベツを口元に投げるのだが、ウミガメの餌の食べ方が下手なこと。笑

f:id:kaerubu:20200311191620j:plain



マテリアの滝へ

天気がいいと、滝つぼが綺麗なんだろうな。

f:id:kaerubu:20200307145724j:image

すごい遠回りをして、最後、凄い細い道を通って、

アランガチの滝へ

f:id:kaerubu:20200311191454j:plain

ん〜、マテリアの滝の方が好きだな。

ここで、16時。

展望台に行くか迷ったが、雨で見晴らしが悪いだろうということで、一度宿に戻る。

宿で少し休憩。

 

晩御飯へ

18時、瀬戸内酒販さんで、お酒を選んでもらう。お会計時、お店の方に質問してみる。

「今から『食酒房 旬 (クイシンボウ シュン) - 瀬戸内町その他/居酒屋 [食べログ]

に行くんですけど、車とめるとこありますか?」

「車置いていっていいですよ」と快く返事がある。「けど、休みかも。昨日のお客さん休みって言ってた。電話してあげるわ。」(電話)「やっぱり休みやね。」

「じゃ、リッキは?」

「リッキさんも車止めるところないね。あそこも休みかも。電話してみるわ」(電話)「やってるみたい。道教えるわ。」

親切〜♪

 

リッキさんへ

写真は、

島豚の生姜焼き

島豚の舌

島豚のホルモン
f:id:kaerubu:20200307150054j:image

写真がイマイチだけど、どれも美味しかったぁ。

 

3月2日

翌朝は、朝の6時に宿を出発し、夜明け前からウミガメ探しに。 

f:id:kaerubu:20200307212800j:image
漁師さんに話しかける。

私「ウミガメいますか?」

漁師さん「いっぱいいるよ」

私「どこに?」

漁師さん「ここらへん、そこらじゅうに。今は暗いから見えないけど。」

 

夜が開けるのを待つ。

6:45頃、明るくなってきた。

再度、別の漁師さんに質問。

私「ウミガメどこにいますか?」

漁師さん、海を見て「今日はいないみたいですね」

残念。昨日奄美海洋展示館で、保険をかけておいて良かったぁ。

 

7時 Tさんに聞いた宿近くのふれあい市場の朝市に行ってみる。

目的は、タンカンジュース。

売ってなかった。。。

 

一度宿に戻り、朝食。

昨日から住み込みで宿の面倒を見てくれることになった女性が起きてきて、一緒にコーヒータイム。

なぜ、ここにたどり着いたのか、これからどうするのか、イロイロと聞き出す。

聞き出した中に、嘉鉄ビーチが好きらしい。

ここで、またTさん登場!「嘉鉄ビーチは晴れている方がよくて、その近くのホシホシ海岸は、天候が荒れている方が音がガラガラ凄くて楽しめるよ。」と。

9時前にお別れし、宿出発。

 

マングローブの近くにあるガジュマルの木

f:id:kaerubu:20200311191415j:plain

 

さぁ、マングローブカヌー!!

今まで晴れていたのに、スタートの10時くらいから、雨が降り出す。

しかし、スタッフは、全く動じない。

カッパや、ひざ掛けシート等、雨対策バッチリだからだ。

それでも、ズボンが少しだけ濡れたが。

 

いざ、マングローブトンネルへ。

f:id:kaerubu:20200311191252j:plain
f:id:kaerubu:20200307214255j:image


f:id:kaerubu:20200307214312j:image
f:id:kaerubu:20200307214324j:image

奄美は、マングローブが自生している最北端の地で、沖縄等に比べると気温が低いため、根が中に浮かない。等の説明あり。

 

で、帰りが、向かい風で、つらかったぁ。

前に進まなくて、必死にカヌーを漕いだため、翌日筋肉痛になっちゃった。

 

ランチ(鶏飯:奄美の北部の郷土料理)

マングローブを終えてお腹ペコペコ。

TさんおすすめNo2のひさ倉で、鶏飯。


f:id:kaerubu:20200307214805j:image 


f:id:kaerubu:20200307214906j:image

なめてた。美味しい。

 

ビッグⅡにお土産のお買い物に

ビッグⅡのお土産の品揃えにビックリ。

ここで、一番に鶏飯のフリーズドライを購入。

ちなみに、お土産5500円以上買ったら送料無料らしい。

それを知ってたら、初日に買いに来て、帰る日に合わせて荷物を送ったのに〜。

 

あやまる岬

雨が上がったので、職場のお客さんオススメのあやまる岬へ


f:id:kaerubu:20200307215353j:image



f:id:kaerubu:20200307215656j:image
↑これ、たぶん珍しい鳥。奄美にしかいないルリカケス?

 

このあと、あやまる岬にあるカフェでお茶をして、レンタカーを返却し、奄美空港へ。

帰りは、3人中1人のみ荷物預けにし、そこにお土産を詰め込み、ピーチにて関空へ。

 

以上。今回は、天気に恵まれず、船酔いもあり、いつも程リフレッシュ出来なかったな。

奄美の地元民曰く、梅雨明けから、台風の季節前がオススメ時期とのこと。

2月3月は、天候が悪い日が多いらしい。

今度は、夏前にリベンジしたいな。